北海道留萌管内を中心に様々な社会活動を行っている建設業若手グループです

TEL.0164-42-0965

〒077-0038 北海道留萌市寿町2丁目
留萌建設協会内

ブログ

2014年 春からの事業(実施済み分)について

今年度春からの実施した事業について、活動報告にまとめました。

活動報告ページはこちらからどうぞ。

6月21日 2014ひらめ底建網オーナーin遠別 運営協力

IMGP2030 (960x636)

 

7月22日 古丹別小学校出前授業

IMGP2202 (960x636)

 

8月21日 天塩小学校出前授業

IMGP2385 (960x636)

 

8月27日 留萌開発建設部との将来の地域づくりに関する意見交換会

IMGP2473 (960x636)

 

 

 

 

第2回 防災運動会、盛会大御礼

今年で2回目となる留萌市民皆様と行政防災担当者が一堂に会しての

防災運動会。今回もたくさんの方々のご参加をいただきまして開催する

ことができました。この場をお借りしまして、関係方面でご尽力いただいた

皆様方に感謝と御礼を。

IMG_1498

 

詳細はこちらの活動報告ページをご覧ください。

IMG_1525

第1回留萌新聞社杯ヒルクライムタイムトライアル前夜祭

平成25年8月24日、小平町で留萌管内の食材を美味しく食べてもらおうと自転車レースの前夜祭が開催されました。

20130824_195010

来賓含め270名が出席、萌志会も参加しました。

20130824_183805

司会は萌志会の佐藤会長でした。

20130824_201313

閉会の挨拶は留萌建設協会の堀口会長でした。

渡部 記

 

道内建設業の戦略的広報事業

183004_102028229876339_1668129_n
 
北海道建設新聞社 荒木正芳氏のFacebookより引用
 
 北海道建設業協会が道内建設業の情報発信力を高めようと取り組んでいる「道内建設業の戦略的広報事業」。3月に「道内建設業のための戦略的広報ガイド」という小冊子を発刊しました。その第2弾として、道内11カ所で説明会を開催します。荒木が建設業の「広報伝道師」となって全道各地を回り、広報の重要性やプレスリリースの活用方法などを解説します。

 また、今回の説明会の目玉企画は、地元紙などの一般メディアが「建設業のことを普段どう見ているのか」を率直に語ってもらう特別講演です。来週18日の釧路が皮切りですが、大型補正予算の影響で本業が忙しいうえに、入札契約制度のように仕事に直結しない話題とあって、どこも出足が低調です。このたびは、最初とあって会員向けのクローズイベントですが、地域の建設業の皆様ぜひご参加ください。よろしくお願いします。わたしの説明はともかく、一般メディアの方の話は一見の価値があります♪どんなに少なくても、気合いを入れて頑張りますよ。ことしは道内建設業の「広報元年」なのだから…。

札幌建設業協会 6月24日 北海道建設会館 北海道新聞社
… 函館建設業協会 7月17日 函館建設業協会 函館新聞社
室蘭建設業協会 7月8日 室蘭建設業協会 室蘭民報
小樽建設協会 未定 小樽建設協会 未定
空知建設業協会 7月4日 空知建設会館 北海道新聞社
留萌建設協会 6月27日 留萌建設協会 留萌新聞社
旭川建設業協会 7月5日 旭川建設業協会 ※北海道新聞社
帯広建設業協会 7月12日 帯広建設業協会 十勝毎日新聞社
釧路建設業協会 6月18日 釧路建設業協会 釧路新聞社
網走建設業協会 7月26日 網走建設業協会 ※伝書鳩
稚内建設協会 6月26日 稚内建設協会 日刊宗谷
※交渉中

樽真布【たるまっぷ】の田植え。

留萌市、樽真布地区では、田植えが最盛期を迎えています。
車載外気温度計は25℃。

暖かい日差しと、些か涼しい風。
遠くに走るトラクターの音が、山間に優しく響きます。

_DSC5071

 

 

DSC_0308

 

 

その付近では圃場整備(田んぼの造成)が行われています。

地域を支えるのは農業、漁業の一次産業。

それを下支えするのは、建設業などの二次産業です。

そういう当たり前のことを、当たり前の風景で想起した日でした。

 

文責:佐藤太紀

 

情報発信勉強会&BBQ (どっちがメインだ??)

IMG_1430

本日参加の佐藤会長 他メンバーの皆様、ご苦労さまでした。

また、会場ご提供いただきました増毛土建 山郷社長、ネット環境

構築してくれた渡辺さん、心から感謝申し上げます。

メンバーさんはこれからどんどん記事投稿お願いしますね~

記:秋山