北海道留萌管内を中心に様々な社会活動を行っている建設業若手グループです

TEL.0164-42-0965

〒077-0038 北海道留萌市寿町2丁目
留萌建設協会内

ご挨拶

萌志会(留萌建設協会二世会)会長

渡 部 和 人

  萌志会会長(H27・28年度)より本サイトをご覧の皆様へご挨拶申し上げます   watanabe2015   ================================================================================== 建設業は「地域の主治医(ホームドクター)」と呼ばれています。   それは、土着で業を行うことから生じる地域性と、建設技術で地域を守る専門性を 合わせ持つ産業だからです。   地域産業の一環として地域・人との多様な関わりを持ち、きめ細やかな地域の情報 を持っています。これが地域性です。   また、地域に特化して仕事をしているため細かい地勢についても熟知しています。 これを医療に例えると、相手の生活習慣を知り、定期検査をしていると言えます。   建設産業は殆どの場合、自然が相手であり、何一つとして同じ”製品”はありません。 同じ土でもそれぞれ特性があり、同じ川でもいろいろな表情があります。それらを相手 に、地域の安全を確保するための施工技術・ノウハウ、安心を担保するための管理技 術が、建設業の専門性です。これを医療に例えると、治療や矯正、或は手術をしたり 時には薬を処方していると言えます。   萌志会(留萌建設業界二世会)は、留萌の建設業の若手経営者や次の世代を担う者 たちの集まりです。その歴史的背景を踏まえ、体は群雄割拠なるも、心は虚心坦懐を 為し、地域を守る「主治医」たる担いを果たし地域発展のため、会員の研鑽に努めています。 ==================================================================================

萌志会(留萌建設協会二世会)の目的と活動について

本会は、会員相互の信頼と協調を旨とし、建設業としての技術的・経済的・社会的地位の向上に努め、建設業が果たすべき社会的使命に寄与することを目的として、北海道留萌管内(一市七町村)において建設業を経営・従事している若手が集まり社会活動を行っているグループです。例年2月の通常総会を経て、年間事業計画を策定し、地域内において地域の発展と業界の発展・地位向上のための様々な社会活動を行っております。